ペニス増大薬にはデメリットもある?気になる効果

ペニス増大サプリとの違い

ペニス増大薬とよく比べられるのが、市販のペニス増大サプリです。それぞれに共通しているのは男性器を大きくさせるために使用されているという点ですが、一体どのような違いがあるのか疑問を抱いている方も少なくないのではないでしょうか。

まず、ペニス増大サプリというのは市販されている流通品のことを指すことが多く、基本的に製薬メーカーなどが開発していることがほとんどです。一方でペニス増大薬は医療機関が処方箋などで提供することがあるため、ペニス増大サプリよりもさらに医療的な薬であるといえます。また、値段についても大きな違いがあります。

ペニス増大サプリは入手機会も多いため、基本的に安く売られていることも多いです。比べてペニス増大薬は、医療機関から処方されることもあるためか、基本的にペニス増大サプリよりも高い値段がかかります。一見同じように思える2つですが、実際にはさまざまな違いがあるわけです。

ペニス増大薬のメリットとデメリット

ペニス増大薬のメリットは、ペニス増大サプリに比べて安全性が高いことです。ちろん、ペニス増大サプリが危険なものだということはありませんが、市販されている関係上どうしても虚偽の効果が販売されている悪質な製品などが存在しています。

ペニス増大薬の場合、あまり市場に出回っていないため、虚偽の効果で提供されるものはほとんどなく、医師の指導のもと安心して服用することが可能です。

一方でデメリットは、ペニス増大サプリに比べて効果が薄い、もしくは全く現れない可能性があるという点が挙げられます。そもそも、EDなどの勃起不全障害などを治療する目的で提供されることがほとんどなので、男性器を大きくするためというよりは性欲を高めるなどの効果の方が高く、結果としてペニス増大の効果が薄くなってしまうわけです。また、サプリと比べて価格が高い、入手機会が少ないなど、比較してもさまざまなデメリットがあります。

まとめ

ペニス増大薬には、ペニス増大サプリに比べて安心して使える上に、悪質な詐欺製品などがほとんど存在していないというメリットがあります。しかし、ペニス増大サプリとは違って勃起不全障害などの治療用に使用されることも多く、ペニス増大は主な効果ではないため効果が薄いです。また、ペニス増大サプリに比べて価格も高いため、デメリットも数多くあります。通常のサプリでは少し抵抗があるという方は、まずペニス増大薬から始めてみるのも良いでしょう。